燃料電池シンポジウムを開催いたしました

2016/10/7

2016年10月7日(金)国立大学法人 東京海洋大学 越中島キャンパスで
「次世代水上交通システムによる低炭素社会の実現」
『燃料電池を活用した車と船の将来展望』シンポジウム
を開催致しました。

天候にも恵まれ多くの参加者にお出で頂きました。

p1130082 p1130068

冒頭司会者より全体説明後、主催財団代表理事風間より挨拶。

p1130091

その後来賓の国土交通省海事局海洋・環境政策課課長田淵様よりお祝辞を頂いた後、
ご講演を3名の方より頂きました。

講演内容は世界の水素社会をリードする本田技術研究所齊藤上席研究員と東芝燃料電池システム松田取締役技師長より現状と将来プランの発表。

p1130093 p1130099

休憩をはさんで東京海洋大学大出特任教授より電池推進船らいちょうNの水素燃料電池搭載試験状況の説明がありました。

最後に東京海洋大学海洋工学部学部長塚本様より講演会閉会の挨拶を頂き無事終了。

終了後76名の方が交流会へ出席。
約1時間ではありましたが懇親を図って頂き和気あいあいに皆様会話が弾み
楽しい時間を過ごして頂き中締めで終了致しました。

p1130122

第2回開催では昨年より1.5倍の116名の方にお出で頂き、又協賛会社も20社と昨年より多くのご賛同を頂きましたこと皆様・協賛各社様へお礼申し上げます。

今後とも弊財団の活動に対しご指導・ご協力宜しくお願い致します。

シンポ2016_ポスター_0923

「次世代水上交通システムによる低炭素社会の実現」
『燃料電池を活用した車と船の将来展望』シンポジウム
日時2016年10月7日(金) 14時~17時 シンポジウム
2016年10月7日(金) 17時~18時 交流会
場所東京海洋大学 越中島キャンパス 越中島会館2F 講堂
1、開会挨拶電池推進船普及研究財団 代表理事 風間 宏敏
2、来賓挨拶国土交通省 海事局 海洋・環境政策課長 田淵 一浩 氏
3、講演株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第5技術開発室
上席研究員 齊藤 信広 氏
「燃料電池自動車の開発と水素社会に向けて」
4、講演東芝燃料電池システム株式会社 取締役技師長 松田 昌平 氏
「定置用燃料電池システムの開発動向と、水素社会に向けた展開」
 【休憩】
5、講演東京海洋大学 特任教授 大出 剛 氏
「電池推進実験船らいちょうNの水素燃料電池搭載試験について」
6、閉会挨拶東京海洋大学 海洋工学部 学部長 塚本 達郎 氏
7、交流会閉会後17時~ 参加希望者による交流会(有料 @3,000円)
(越中島キャンパス内マリンカフェ)
主催一般財団法人電池推進船普及研究財団
共催国立大学法人東京海洋大学
後援国土交通省、江東区
協賛アイ・ビー・テクノス株式会社
NREG東芝不動産株式会社
株式会社協同
株式会社商船三井
シンフォニアテクノロジー株式会社
株式会社鈴木商館
株式会社スターランドコミュニケーション
隅田船舶工業株式会社
田中産業株式会社
株式会社データ設計
トーハツ株式会社
ニッパツ・メック株式会社
ニュージャパンマリン株式会社
古河電気工業株式会社
株式会社マリタイムイノベーションジャパン
ムサシノ機器株式会社
株式会社安川メカトレック
ヤマハ発動機株式会社
ヤンマー舶用システム株式会社
横河商事株式会社


map